登録くん・ユーザーマニュアル
基本的な使い方

操作はとても簡単です。フリー版で一度おためしください。
1.操作画面を開く
1■ご利用のメールマガジン配信システムのアドレス登録画面を開きます。
(実際に操作可能な登録テスト用画面がこちらにあります)


配信システムによって登録画面のデザインは異なります。このマニュアルでは、事例として下記左のような「メルマガ会員登録」画面を想定し説明を進めます。

2■登録くんを起動させ画面を開きます。

下の配置のように、デスクトップの左側に登録画面を、右側に登録くんを置いて作業を進めるものとします。


1.登録くんの設定
 ファイルを開く  登録するアドレスのリストを開きます

1■登録くんの「ファイル」メニューから「開く」を選択します。


2■ファイル選択ウインドウが開きますので、登録するアドレスのリストを選択して開いてください。.txtファイルと.csvファイルが開けます。

注意:CSV形式(アドレス+名前、等)のデータを登録するには、ご利用のメルマガ配信システムの登録画面がCSV形式に対応していることが必要です。


3■ファイルを開くと、登録くんの黄緑色の枠の中にアドレスが表示されます。
ここでは事例として「list_153.txt」というファイルを開いたものとして話を進めます)



参考:
黄緑色の枠の中に、ファイルをドラッグ&ドロップして開くことも可能です。

 ペースト先の設定
 アドレスを自動的にペーストする(貼り付ける)ために、登録画面を登録くんに記憶させます

1■登録画面上部の青いバーをクリックして、登録画面をアクティブにします。(前面にもってきます)


2■登録くんの「ペースト先の設定」ボタンをクリックします。
→表示窓の中に、先の青いバーの名称「メルマガ会員登録」が表示されます。
  これでペースト先が設定されました。
 (青いバーの名称は、ご利用の配信システムによって異なります)


上記2の「ペースト先の設定」がうまくいかない場合:
上記1で「登録画面上部の青いバーをクリック」した後は、カーソル(マウス)で他の場所に触れないでください。「登録画面上部の青いバーをクリック」した後は、そのまま登録くんの「ペースト先の設定」ボタンをクリックしてください。
言い換えると、
登録くんの「ペースト先の設定」ボタンをクリックする直前の操作は、 必ず「登録画面上部の青いバーをクリック」でなければなりません 。



 ペースト数量の設定
 一回ごとの操作で登録するアドレスの数量を設定します
■ご利用の配信システムに合わせ、ペースト数量を設定します。
(ここでは事例として20に設定しますが、ご利用の配信システムの限度内で設定してください。


注意:
フリー版で設定できるのは5件までです。

(5件×5回の操作がフリー版の上限です)

※ご利用のメルマガ配信システムの1回の登録数上限を越えての登録(ペースト)はできません。


参考:配信システム別ペースト数量上限
(1回あたり)
メルマ・カブライト…1個
まぐまぐ……………1000個(10月1日以降。申請必要)
一般的な有料配信サービス……500〜2000個程度

くわしくは、ご利用の配信システムをご確認ください。
2.登録操作
ここからが実際の登録操作で、マウスのクリック操作だけでアドレスの連続入力が自動的におこなえます。以下のA〜Dを繰り返すことで、アドレスの登録をおこないます。

A■登録画面の入力欄内側をクリックし、カーソルを点滅状態にします。


B■登録くんの「次をコピー」ボタンをクリックします。


※ 「次をコピー」をクリックすることにより、パソコンのクリップボードにアドレスがコピーされ、続いて入力欄に自動的にペースト(貼り付け)されます。










C■入力欄にアドレスが自動的にペーストされたのを確認して、登録ボタンをクリックします。
(登録ボタンの名称や位置などは、ご利用の配信システムによって異なります)



D■アドレスの登録が完了し、登録完了画面が表示されます。
続けて登録をおこなう場合は、元の登録画面に戻ってください。
配信システムによって、下図のようにブラウザの「戻る」ボタンで戻るタイプ、専用の「戻る」ボタンで戻るタイプなど、さまざまです。ご利用の配信システムの方法にしたがって登録画面に戻ってください。



A' ■冒頭の登録画面Aに戻ったら、再度、入力欄内側をクリックし、カーソルを点滅状態にします。

※配信システムによっては、前回登録したアドレスがそのまま残っている(表示され続けている)ことがありますが、そのまま入力欄内側のどこか1カ所をクリックしてください。


B' ■登録くんの「次をコピー」ボタンをクリックします。
自動的に次のアドレスがペーストされます。(前回入力分のアドレスは自動的に削除され、新たなアドレスに置き換わります)


以上の手順でA〜Dの操作を繰り返して登録するアドレスをすべて登録してください。


注意:
登録画面Aに戻ったときに、入力欄内側をクリックするのを忘れカーソルを点滅させずに操作を進めると、アドレスは自動的にはペーストされません。
その際は、入力欄の中のアドレスをいったん削除してから、カーソルを点滅させ、(パソコンのクリップボードには次のアドレスがすでに読み込まれているので)ペースト操作をおこなってください。次のアドレスがペーストされます。

参考:入力欄の中のアドレスを削除する方法:
入力欄内側をクリックし、Ctrlキー+Aキーを押しアドレスを全選択してから、Delキーを押す。


E■登録作業がすべて終了したら、登録くんの「ファイル」メニューから「登録くんを終了」を選択し終了させてください。
登録画面もご利用の配信システムの方法にしたがって終了させてください。



★以上、言葉で説明すると難しそうですが、一度操作してみれば、連続して感覚的に操作が可能です。


参考:
登録くんで使うアドレスリストの作成には「アットコピア」をおすすめします。受信メールを開かずに、アドレスだけを抽出できます。

アットコピア・ドットコム
http://atcopier.com/

検索エンジンまたはリンク先からこのページにアクセスされた方は正常な画面がご覧いただけません。
いったん登録くんドットコムのトップページへ移動し、ユーザーマニュアルへアクセスしてください。
登録くんドットコム
Copyright(C)アクトビーン株式会社 All Rights Reserved.